何にでもホモ萌えしてみる会

何にでもホモ萌えしてみるブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
「一応、明日は初日だからな。鳳を迎えに寄越してやるよ」

そういえばそんな言葉を投げかけられていたっけ、と主人公はようやく思い出す。
ドアの前に立っていたのは自分よりもずっと背の高い少年で、
きっと彼が鳳なんだろう。
キチンとしめられたネクタイと、糊でほどよくパリパリのシャツ。
ああ育ちのいい子なんだ、と、目を擦りながら、主人公はぼんやりその姿を眺めていた。

「主人公くん、だよね……あの、支度、まだかな?」

慌てたような鳳(と思しき少年)の声に、主人公は「何が、」とあくび交じりに返す。
それから寝癖でぐしゃぐしゃの頭を掻いて、
……またあくびをした。
さっきから主人公は、目を擦るか頭を掻くかあくびをする、それだけの生き物になっている。
そんな彼を鳳は困り顔で見下ろして、自分の腕時計と交互に見た。
テニス部の朝練がなくて本当によかった、と思う。
ただ、このまま主人公が動き出すのを待っていたら、確実に始業時間に間に合わない気がしていた。

「主人公くん、あの、とりあえず着替えようか」

寝ぼけたままの主人公を部屋の中に押し込んだ鳳は、
まず、だらしなく肩がずれたパジャマの、ボタンに指をかける。
器用に上から外しながら、ちらりと主人公の表情をうかがった。

「……」

されるがままな辺り、異存はないんだろう。
全部外してパジャマの上を脱がせ、思い出したように「そうだ、シャワー浴びる?」と聞いてみる。
主人公は

「んー……」

と、YESともNOともつかない声を上げたあと、また大きなあくびをした。
よかった、「浴びる」と言われたら、大きなタイムロスが出るところだった。
鳳は心中でほっと胸を撫で下ろし、壁にわかりやすくかけてあった制服のシャツを主人公に羽織らせた。

「腕、通そうね……はい、上手」

至れりつくせりの鳳に、主人公の眠気は高まるばかり。
うつらうつらと頭を揺らす主人公だったが、逆に鳳は必死だった。
これは時間と、そして主人公との戦いだ。

シャツのボタンを留め終わって、パジャマのズボンを無造作に膝まで下ろすと、
鳳は主人公を一度ベッドに座らせた。
片足ずつ抜いて、それから、今度は制服のズボンを通す。
ともすれば、そのままベッドに沈んでしまいそうな主人公に何度も声をかけて、
頼むから起きてくれと祈り続けた。口にも出した。
でもズボンを履かせている最中には起きないでほしい、とも思っていた。何となく。

ベルトまできちんと締めて、ジャケットを着せ、ネクタイを締めようとしたところで、

「……あれ?」

主人公が起きる。
折りしもそれは始業5分前で、寮から校舎までは3分。
走れば教室まで余裕で間に合う、と踏んで、鳳は主人公を立たせた。

「走るよ、主人公くん!」

「え? え!?」

手を引かれて、何が何やらわからないままに引きずられていく主人公。




--------------------------------


「ごめんね、主人公くん、自己紹介が遅れちゃって。
俺、鳳長太郎。跡部さんから聞いてると思うけど、1週間、よろしく」

「……」

ホームルームが終わっても息の整わない主人公に、鳳は爽やかに笑いかける。

寝起き、それも運動不足の体を一気に酷使したせいで、
主人公は交換初日の自己紹介すらままならない呼吸困難に陥り、
教卓に突っ伏してぜえはあと肩を上下させていた。
結局担任から簡単な紹介をされ、それで終了。
朝から必死な変態ぶりを見せ付けた主人公は、
「大丈夫か? あいつ」とクラス中からヒソヒソされる羽目になった。

「大丈夫? 保健室行く?」

鳳は息ひとつ切らしていないというのに、自分は何てザマだ。
一瞬悔しく思ったけれど、すぐに昨日の跡部の言葉を思い出す。

『まあ、あれだ。おまえのクラスは、鳳と一緒だから仲良くしてもらえ』

『俺の後輩だ。テニス部のレギュラーでもある』

テ ニ ス 部 の レ ギ ュ ラ ー。

主人公は知っていた。
「テニス部のレギュラー」という生き物は、総じて人間じゃない。
仏頂面な幼なじみも気のいい親友も、みんな驚異的な身体能力を持っていた。

いたわるように背中を撫で続ける鳳の手を心地よく思いながら、
主人公は「いい、平気」と首を横に振る。


まもなく授業が始まったが、主人公は教科書を持っていなかった。
というか、カバンそのものを持ってきていなかった。
鳳に強引に引っ張られてきたせいだが、
遅刻をしまいさせまいという鳳の厚意なので、文句はもちろん言えない。

だがそのために、

「初日から手ぶら登校……」

と、主人公はまたもクラス中からヒソヒソされてしまうのである。

スポンサーサイト
このページのトップへ
2007年も元気いっぱいホモホモもえもえしようと思います。
よろしくお願いします!

青氷の続きもがんばります…。 このページのトップへ
ハイパー久しぶりの更新です。

もう記憶も虚なのですが、本作はホモゲー界の衝撃作(と謳われた割にスカトロ描写があっさりで全私が泣いた)『マスカレード』と同日に発売され、「鍵っ子必見!樋上いたる氏原画のホモゲー」として鳴り物入りで大ブレイクするはずが、『マスカレード』の「牛に全身を舐められ、藁で体を擦られながらイク」などの、斜め上を行く変態プレイの影にすっかり隠れてしまった悲劇のホモゲーです。(長い)

パッケージの装丁やロゴ&インターフェイスのデザイン、丁寧でかわいいストーリーにかわゆい絵……しかも値段がお手ごろと、一見非の打ち所のない完璧ぶりなんですけど、重大な欠点がありました。
非常に低予算なせいか、音楽が ク ラ シ ッ ク の ア レ ン ジ 

皆さんは「クラシックのアレンジ」といえば何を思い出しますか?
私は問答無用で「それ僕」です。
「ああっ一条、そこはらめぇ……」的なシーンのときに、ジャンガジャンガと鳴り響く名曲の数々……あらゆる意味で冒涜すぎてゲームにまったく集中できないこと請け合いなのですが、まさか「ぼく恋」でも同じ感情が味わえるなんてわーい!……って馬鹿!

あと、日記の方でもさんざん書いたのですが、何が残念ってカプ固定な点だよな~と…。
6人登場人物がいて、ホモカップルが3組作れても嬉しくないです。
何かいまいち盛り上がらないんだよな~…攻略した達成感をあまり味わえないというか、この辺は不思議な個人的感覚なので、ホモカップルのキューピッドになりたい人にはオススメです。
あといつも思うけど、大半のホモゲーってなんでエロがエロくないんだろう…

まあ何がいいたいかっていうと、クラナドの春原を攻略させてくれってことです(会社違うけど)
とりあえず、リトルバスターズの恭介に期待(会社違うけど)


リトルバスターズの恭介一問一答の面白さは異常 このページのトップへ

----氷帝寮設定です。----





「○○。なあ、進路選択、なんて書いた?」

「普通に進学」

○○の言葉はそっけなかった。
パックのいちご牛乳を飲みながら、ジャンプのページをめくっている。
まさに心ここにあらず。
でもそんなんいつものことなので、俺は俺で話を進める。

「えーそうなんや。俺ね、ココだけの話やけど」

「……」

返事はない。ただのしかばね……じゃなくて、どうやらものすごく漫画に読み入っているようだ。
こっそりページを覗き見ると、「メゾン・ド・ペンギン」だった。
……。
俺は話を続ける。

「実家戻ろかなーて、思てんねん」

「……」

返事はない。
2回も無視されるのは悔しかったので、「何か言え」と催促した。
○○は「へー」と頷く。

「おまえ。もっと何か反応ないんか」

「元気でな」

「違う、違う違う!」

そうじゃない、そうじゃないんだ。
俺が欲しいのはもっとカワイイ言葉なのだ。
「やだやだゆうし、行っちゃやだやだ!」とか、
「行かないで、ゆうし……だっておまえがいなくなったら、俺……」とかの熱い台詞なのだ。
熱い友情、確かめ合いたいのだ!

「……」

○○はわざとらしく溜息を吐いて、俺を睨んだ。

「あのな、侑士。したら俺もココだけの話したるわ」

「うんうん」

身を乗り出す俺に、○○は眉間を寄せて言い放つ。

「前から思ってたけどな、おまえうっさい。部活引退して暇なのわかるけどな、毎日しつこい」

「え……」

「跡部たちに遊んでもらえ。俺の邪魔すな」

「え……」

やだやだ○○、そんなこと言っちゃ……やだやだ!
このページのトップへ
原画さんの原画集を買ってみたら、あまりの絵のよさに感動して、ついでに久しぶりに一条が見たくなって、プレイしてしまいました。
絶望した!

ファンディスクなのに絶望してしまいました。
本編はもっとひどくて、しろがねルートなんて首吊ろうかと思ったくらい素で鬱になりましたが、ファンディスクはファンディスクで、やけになったライターによるお釜ご飯ぶりがとても辛かったです。
※お釜ご飯……前作の微妙さを叩かれたメーカーやライターが、次回作でこれでもかと前作の補填を図ろうとする滑稽なさま。
「ちょっと何よ、これじゃご飯少ないわよ!」(1作目時点のユーザーの声)
「それなら釜ごと食いやがれ!これなら満足だろ!」(2作目の制作側の気持ち)
というイメージ。

主人公にアンアン言わせておきながら、「俺の心はおまえにあげられない」とかのたまった厚顔無恥なしろがねさんが、ファンディスクでは必死に弁解……。

「本当はおまえを愛していたんだ」
(´<_`  )

こんな白々しい愛の言葉でほだされてしまう主人公・しんご…
おまえはピュアだなあ。感心した!
私には無理です。しろがねがいくらオープンカーで夜景でホテルの25階で専用エレベーターでスイートルームだったとしても……私には無理です。

しかも、自分のやったことを何か微妙に棚上げしてないかしろがねさん。

「あのとき俺は(略)憧れと恋愛は違うと知って欲しくて、今日のことは綺麗な思い出にして忘れなさいと言ったんだ」
(´<_`  )

何この人……。憧れと恋愛は違うと言いたいなら、わざわざアンアン言わせなくてもその場で言えばよかったのでは……?
さすがしろがねさん。レベルが違います。そんなちんこ切っちまえ!
そこでしんごがまた、「憧れと恋愛は違うってことをわからせるために、俺を抱いてくれたんだ」とか言うんですけど、正直意味がわかりません。

というわけで、あえて薦めたい、最新作・「温泉へ行こう」を! このページのトップへ

FC2Ad

Information

鳥さん
  • Author: 鳥さん
  • 2007年もホモまっしぐら!

Search

Calendar

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。