何にでもホモ萌えしてみる会

何にでもホモ萌えしてみるブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
「よう、おまえか、手塚の紹介で来た交換学生ってのは」

「……」

主人公は眉を顰めた。
そもそも氷帝学園に着いて早々、職員室よりも先に生徒会室に呼ばれたのが納得いかなかった。
「生徒会長が待ってるから」と入り口で事務員に言われ、そのままその足でやってきたのはいい。
だけど部屋の中にいるのが、こんな偉そうな男だなんて知らなかったのだ。知っていたら来なかった。

「俺の名は跡部景吾。3年だ。生徒会長と、テニス部部長を兼任している」

「……て、」

「て?」

「……、な、何でもない、です」

手塚と一緒だと言いかけて、瞬間の跡部の眼光の鋭さに、主人公は言葉を飲み込む。
もしかしたら手塚のことを気にしているのかもしれない。同じテニス部なら、試合をしたこともあるのだろうと思った。なんとなく。
主人公はテニスにはこれっぽっちも興味がない。

「確か、手塚の幼なじみらしいな」

「な、何で知ってるんですか」

「書類に書いてある」

言いながら、跡部は先ほどから手に持っていた紙の束に目をやる。
主人公は戦慄いた。あの紙にはきっと、ほかにも何かよくないことが書いてある気がする。

「それ、ください!」

テーブル越しに身を乗り出して、主人公は跡部の方へと思いきり腕を伸ばした。
跡部は逃げるように軽く身を逸らして、「やるか馬鹿」と主人公を罵る。
そうして、

「ほかにもいろいろ書いてあるぞ」

と意地悪く笑った。
何だこいつ、と主人公は思う。殴りたい。でも相手は3年生だ。今日会ったばかりの、他校の。
……他校生じゃダメだ、と思った。すっぱりと諦める。

「……」

「まあ座れ」とようやく薦められて、主人公はやわらかなソファに身を沈めた。
よく見れば、室内には値の張りそうな調度品が丁寧に揃えられている。
青学生徒会室の、地味で殺風景なのとは随分と違う。
どちらかというとここは、校長室みたいなイメージ。というか校長室よりも、もっと絢爛なイメージの部屋だった。
でも主人公には、ものの価値がよくわからなかった。高そうな匂いはしても、だからどうということはなかった。所詮無縁である。

主人公が珍しそうに室内を見回す姿を、跡部は得意げに見ていた。
それこそどうだ、俺様の部屋はと言わんばかりの表情で、口元にはいやらしい笑みをたたえている。
主人公にはものの価値はわからなかったが、ふと目にしたその笑顔がとてもいやらしいのだけはありありと理解した。

「……」

主人公の不審げなまなざしに、跡部がひとつ咳をする。

「まあ、あれだ。おまえのクラスは、鳳と一緒だから仲良くしてもらえ」

「おおとり?」

「俺の後輩だ。テニス部のレギュラーでもある」

ふうんと、主人公のどうでもよさそうな相槌に、跡部がまた咳をした。
主人公のような打っても響かないタイプの人間は、跡部にとっては鬼門だった。
跡部は気を取り直して腕を組み、主人公を値踏みするように眺める。

「ところで、おまえ……」

「?」

「手塚の幼なじみなのに、テニスはやらないのか?」

(以下、跡部がしつこく
1:テニスのすばらしさについて語る
2:テニスを薦める
3:主人公にテニスをやらないのかと聞く
4:どうしてやらないのかと聞く
5:手塚の幼なじみなのに? と不思議がる
6:その他、どうでもいい自慢話
1~6がえんえんえんえん続くので省略)








その夜、手塚のもとへと1通のメールが届いた。


---------------------------------


From: 主人公
To: 手塚国光
Subject: おい

何でおまえの幼なじみだと
テニスをやらなきゃいけないんだ
ばか!!!!!!


---------------------------------


時刻は夜10時。
知るか馬鹿、と思いながら、手塚はさっさと布団にもぐりこんだ。
返信はもちろんしない。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

鳥さん
  • Author: 鳥さん
  • 2007年もホモまっしぐら!

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。